畑デビューで野菜作り

前回、雑草伸び放題だった畑を手で黙々と抜き、最終的には機械の力を借りてなんとか綺麗にすることができました。

これでやっと畑で野菜を作ることができます(^◇^)

畑デビューの野菜は?

ただ畑は綺麗になったものの、まだ何を植えるかは決めていませんでした。

時期は10月頃。

冬に向けて作れる野菜になります。

ブロッコリーキャベツ白菜も良いな〜と思っていましたが、最初なのでなるべく簡単な野菜を作ろうと思いました。

ブロッコリーやキャベツなどは虫がついてしまうことも多く、管理が大変という話も聞いたので、今回は見送ることにしました。

そこで、そんなに管理も大変ではないらしい【ほうれん草】を育ててみることにしました。

そんな訳で、さっそくほうれん草を育てるための準備!

わくわくのほうれん草作り!

最初は本当に何も分かりませんでしたが、ネット検索するととりあえず「苦土石灰を撒け」とのことだったので、言われた通りやってみました。

その1週間ぐらいに化成肥料も撒いて準備は整った?と思われるので、種を蒔いていこうとしました。

ただ、これから季節が冬になり寒くなってくるにあたって、マルチを敷いておくと防寒対策になるとのこと。

初めてのマルチシート

「そもそもマルチってなんやねん?」というぐらいど素人だった私。

なんかビニール的なやつという印象しかありませんでしたが、なんとなくそれっぽい物を用意して、試しに土の上に被せてみました。

う~ん、なんか良い感じ。(笑)

そんなこんなでやっと種まきまでたどり着きました。

種を蒔くためにこんなに沢山の行程があるなんて、一つの野菜を育てるのがどれだけ大変なことなのか改めて実感しました。

そして種まき

そして待ちに待った種まき。

マルチの中に3~4粒入れていきます。

「しっかり育ってくれよ~」

と願いを込めて土を被せていきます。

ドキドキの発芽

それからはもう気になって気になって、毎日ほうれん草の様子を見に行きました。

なかなか芽が出てこないので「大丈夫かな~」と不安になりました。(そんなすぐに出るはずもなく)

10日程度経過してからでしょうか、ちゃんと芽が出てくれました。

めっちゃ可愛い!

この芽が出る瞬間が一番嬉しい!(初めてですが)ってぐらい嬉しかったのを覚えています。

その後は他の場所からもどんどん芽を出してくれました。

しっかり成長していくほうれん草達。

悲しい間引きや追肥も行って、この後も虫や病気にやられることなく成長してくれました。

初収穫

そして、育ったほうれん草を収穫する時期がやってきました。

畑で育てた野菜を収穫するのは初めてです。

形は大きかったり小さかったりとそれぞれですが、とても立派なほうれん草を一つ一つ収穫していきました。(食べきれるだけ)

洗ったほうれん草がこちら。

自分が育てたほうれん草がちゃんと育って、収穫して食べられる幸せを感じました。

最初は素材の味を活かすため、お浸しにして美味しくいただきました。

その後もほうれん草をどんどん収穫していき、味噌汁やパスタなど色々な料理に使って食べることが出来ました。

初めての野菜作りは収穫いっぱい

初めて畑での野菜作りに挑戦して、ほうれん草が収穫できたことはもちろんのこと。

他にも、種を植えるまでの作業工程の多さや一つの野菜を作り過ぎると食べるのが大変なことなど学びを得ることが出来ました。

そして何より、芽が出てきた時の喜びは何ものにも代えがたいという経験が出来たことは、これからの農業人生において大きな学びとなりました。

これからもこの経験を活かして、どんどん新しい野菜作りに挑戦していきたいと思います。

拙い記事ですが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回も見ていただけると嬉しいです。

ABOUT ME
ゼロノウ
家族に安心安全で自分で育てた野菜を食べさせたいと思って、知識ゼロからの週末家庭菜園を始めました。 少しずつ規模を大きくしていつかは販売もしていけたらと思い、日々勉強しながら良い野菜を作っていきます。